耐震、防水、外壁、屋根その他リフォーム全般の診断・補修・工事を首都圏を中心に信頼を築く

株式会社 アイリス
 
お 問い合わせ連絡先
0120-948-860
HOME
太陽光発電
  ・施工例
遮熱塗装ガイナ
  ・施工例
耐震
  ・耐震診断
  ・耐震工事
  ・施工例
外壁塗装
  ・外壁塗装診断
  ・外壁塗装工事
防水
  ・防水診断
  ・防水工事
屋根
  ・屋根診断
  ・屋根工事
  ・施工例
リフォーム
  ・水周りリフォーム
  ・介護住宅
 改修リフォーム
  ・エクステリア
会社案内
  ・事業内容
  ・会社案内
お問い合わせ
  ・お問い合せ
リフォームをお考えの方へ
 
 
 

屋根は塗装だけでなく、葺き替えの時期も大切です

  屋根は塗り替え時期も大切ですが、塗り替えだけでは対処できない屋根の症状が出てきます。気がついたときには、破損箇所から雨漏りがしたり、不良施工による屋根裏の結露など屋根自体の修繕・葺き替えが必要な場合がありますので、早めの屋根診断が必要です。  
 

屋根診断 

  コロニアル屋根
棟板金等の破損診断を中心に行います。劣化の度合いは立地条件により異なりますが10数年でコケの発生やソリや割れ又は棟板金・雨樋等の劣化の症状が現れ、葺き替えが必要になります。特に塩害地域は10年前後から葺き替えの心配が必要になりますので、早めの屋根診断をオススメします。軽量のメタルルーフであれば既存屋根材の上から葺替します。屋根の破損が進行しますと、塗装しても剥れやすく延命効果もなく結露の原因にもなり、天井にシミが出たり野地板の劣化につながります。
(塗装する場合は、10年未満で1回のみ、しかも水性系で尚且つ重ね目は塗らない。しかし延命効果ナシ)
 
  瓦屋根(和・洋)
瓦屋根診断は漆喰等の破損や劣化、水カビやコケを中心に診断します。これらの症状が現れると補修が必要になります。瓦のズレや割れ・下地の防水シートの破れは特に要注意です。その場合には一旦屋根瓦を下し積替えか又は葺替が必要になります。セメント瓦は、コロニアル同様塗装をしても3年前後で剥れてくるので塗っても無駄です。また、窯業系の瓦と違い寿命が短く重いので軽量の屋根に葺替をオススメします。
 
  瓦棒屋根
サビに関しての屋根診断を中心に行います。鋼板の平板の屋根は裏からのサビに対処出来ないので特に診断が必要です。10年前後で1回目の塗装がひつようです。(塩害地域は早めの塗装が必要です。)通常塗装は2〜3回位迄で、変形したりサビが出始めたら葺替が必要になります。
 
 
屋根診断内容
カラーベストコロニヤル屋根の劣化によるコケの発生や鉄部のサビ
カラーベストコロニヤル屋根の劣化によるコケの発生や鉄部のサビ
 
コケ・カビの発生   屋根材の割れ
屋根材のソリ・ゆがみ   塗装のはがれ
下地の状態   役物のズレ・浮き
釘の浮き   鋼板のサビ
漆喰の劣化・はがれ   雨樋の変形
雨樋の割れ・水漏れ   軒天のシミ・はがれ
その他屋根診断
 
塗装によって生じる結露
 
結露による屋根の野地板や金物を劣化させる
 
雨漏り(屋根裏)
塗装によって生じる結露
 
結露による屋根の野地板や金物を劣化させる
 
雨漏り(屋根裏)
 

屋根改修工事 

  屋根診断の内容から屋根の種類に合った最適な改修工事を行います。  
屋根改修工事前
屋根改修工事後
屋根改修工事前
 
屋根改修工事後
 

屋根改修工事施工例

屋根の葺替 施工前
屋根の葺替 施工後
屋根の葺替 施工前
 
屋根の葺替 施工後
I様邸 屋根の葺替 施工前
I様邸 屋根の葺替 施工後
I様邸 屋根の葺替 施工前
 
I様邸 屋根の葺替 施工後
I様邸 屋根の葺替 施工前
I様邸 屋根の葺替 施工後
I様邸 屋根の葺替 施工前
 
I様邸 屋根の葺替 施工後
〒107-0062 東京都港区南青山1-26-16-5F TEL:03-5771-8292 FAX:03-5771-8295 E-mail:info@reform-iris.com
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】Copyright © 株式会社アイリス. All Rights Reserved.