耐震、防水、外壁、屋根その他リフォーム全般の診断・補修・工事を首都圏を中心に信頼を築く

株式会社 アイリス
 
お 問い合わせ連絡先
0120-948-860
HOME
太陽光発電
  ・施工例
遮熱塗装ガイナ
  ・施工例
耐震
  ・耐震診断
  ・耐震工事
  ・施工例
外壁塗装
  ・外壁塗装診断
  ・外壁塗装工事
防水
  ・防水診断
  ・防水工事
屋根
  ・屋根診断
  ・屋根工事
  ・施工例
リフォーム
  ・水周りリフォーム
  ・介護住宅
 改修リフォーム
  ・エクステリア
会社案内
  ・事業内容
  ・会社案内
お問い合わせ
  ・お問い合せ
リフォームをお考えの方へ
 
 
 

外壁塗装は大切です

  外壁の塗装は必要ないと思われがちですが、 、雨風や紫外線などでとても痛みやすいところです。そのままにしていると、ひび割れやチョーキングなどの症状が現れ、痛んだところから家を侵食していきます。手遅れにならない為にも、期間を置いた診断を。  
 

外壁塗装診断 

  モルタル
一般的にモルタル系の外壁は湿式なので、乾燥を優先に仕上げの塗装は通気を考え水性のアクリルを使用します。その為水生アクリルの寿命である5年前後から初回の塗装が開始されますので、調査診断が必要になります。
チョーキング現象・カビの発生・ひび割れ ⇒ 塗装の時期
 
  ビル関係
コンクリートも水を通すので室内にシミ等があるか無いかはとても重要です。7年前後から劣化状況の調査診断が必要になってきます。そして10年以内には初回の(専用塗料)防水塗装が決め手となりますのでこの時期には特に調査診断が必要になります。
 
  サイディング
サイディングは5〜6年位から地目の表面の劣化が始まります。特に窓廻りのシーリングの劣化からくる雨漏れでサッシが廻りが腐ること事がありますので、この時期からの調査診断が必要になります。
 
 
外壁塗装診断内容
外壁塗装診断
 
既存塗料の劣化診断(チョーキング等)
クラックの有無
外壁取合・化粧・その他シーリング目地の劣化診断
コケ・カビ等、表面診断
外装材の欠損・爆裂などの有無
外装タイル・モルタル等仕上材の浮き診断
その他外壁診断
 
手で触ると白い粉が付くチョーキング
 
ヒビ割れ
手で触ると白い粉が付くチョーキング
 
ヒビ割れ
 

外壁塗装工事 

  外壁は、建物によって工事方法が違ってきます。診断結果から丁寧に修繕を行い塗装します。  
外壁施工前(目地打替済)
外壁施工後
外壁施工前(目地打替済)
 
外壁施工後
 

外壁塗装工事施工例

外壁施工前
外壁施工後
外壁施工前
 
外壁施工後
外壁施工前
外壁施工後
外壁施工前
 
外壁施工後

外壁をフッ素樹脂・屋根をフッ素MAXルーフに施工
002
 


外壁をフッ素樹脂・屋根をフッ素MAXルーフに施工
002
 


外壁をフッ素樹脂・屋根をフッ素MAXルーフに施工
002
 
 
002
 
 
 
 
 

外壁をフッ素樹脂・屋根をフッ素コートに施工
002
 


外壁をフッ素樹脂・屋根をフッ素MAXルーフに施工
002
 
〒107-0062 東京都港区南青山1-26-16-5F TEL:03-5771-8292 FAX:03-5771-8295 E-mail:info@reform-iris.com
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】Copyright © 株式会社アイリス. All Rights Reserved.